モバイルバッテリーはゴミとして捨てられるか、リサイクルできるのか

モバイルバッテリーが劣化して来た時や買い替えをした時、以前使っていたものはどうしたら良いのか悩むところです。

いらなくなったモバイルバッテリーはズバリ、ゴミとしては出せません!!家電量販店などで回収してもらいましょう。

しかしながら自治体がくれるゴミの出し方や、ゴミ収集場所にはモバイルバッテリーについての言及がないのでこの情報は分かりにくいものです。

また、家電量販店の回収なども全ての店で行っているわけではないので注意が必要です。

モバイルバッテリーが劣化してきた時の対処方です。

モバイルバッテリーが劣化した時の対処法

モバイルバッテリーは燃えないゴミでは捨てられない

自治体のゴミの捨て方などをチェックするとモバイルバッテリーの記載などは当然ありません。

自分が住む世田谷区でも充電式電池は回収できない旨が記載してあります。

乾電池、リチウムイオン電池(型番がCRおよびBRの電池)

(ボタン電池、充電式電池は販売店にお返しください。お近くの協力店はこちらから検索できます。ボタン電池:社団法人 電池工業会、小形充電式電池:一般社団法人 JBRC

モバイルバッテリーにはリチウムイオン電池が使われていて、この電池が不燃物などに出すことが不可能な要因となっています。

間違って不燃物に出したりすると、ゴミ収集車の発火などの原因となる事などもあるため十分な注意が必要です。

モバイルバッテリーは家電量販店などでリサイクル、回収してもらえる

不燃ゴミとして出せないモバイルバッテリーですが、家電量販店などで無料で回収してくれます。

財団法人JBRCのホームページから小型充電式電池の種類や、リサイクルまたは回収可能な量販店の情報が見る事が可能です。

回収拠点の検索機能でお住いの都道府県から市区町村を絞り込み、最寄りの回収拠点を見つける事が可能です。

自分は以前コジマ電気×ビックカメラさんで回収してもらいました。

該当店舗では配送カウンター及びレジでの回収との事でしたが「モバイルバッテリーを回収して欲しいのですが」と依頼したところ快く対応してくれました。

モバイルバッテリーの関連記事はこちらに書いています。

モバイルバッテリーのオススメと関連情報

モバイルバッテリーはゴミになっても分解や穴を開けるなどはNG

モバイルバッテリーの中にあるリチウムイオン電池は袋のようなものに入っていますが、穴を開けるなどは非常に危険なので絶対にしてはいけません。

または、モバイルバッテリーを過度に分解する事も同様な危険を伴うのでやってはいけません。

いらなくなったり劣化したり膨らんだモバイルバッテリーは速やかに回収拠点に回収してもらいましょう。

モバイルバッテリーの膨らんできたときの対処法はこちらの記事で紹介しています↓ ↓ ↓

モバイルバッテリーが膨らんできた時の対処法とその理由

まとめ

モバイルバッテリーは燃えないゴミには捨てられません。

モバイルバッテリーは家電量販店などで回収、リサイクルしてもらいましょう。

新しいモバイルバッテリーの選び方はこちらで紹介しています↓ ↓ ↓

モバイルバッテリーの選び方のポイント5つ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です