モバイルバッテリーは飛行機持ち込み可能かとその方法

海外などに旅行に行くときにもスマホは必需品で、充電のためにもモバイルバッテリーは用意しておきたいものです。

モバイルバッテリーは飛行機に乗る時に手荷物として持ち込む必要があり、スーツケースの中に入れて機内に持ち込むことができないので注意が必要です。

間違ってスーツケースに入れたままにしてしまうと、スーツケースを開けさせられて破棄されてしまうなどの可能性が出てきます。

正しい方法でモバイルバッテリーを飛行機に持ち込み、快適な旅行にするために正しい知識を身に着けておきたいところです。

モバイルバッテリーをスーツケースで飛行機に持ち込むのはNG

モバイルバッテリーにはリチウムイオン電池が使用されているため、スーツケースに入れて飛行機に持ち込むことは事実上不可能となっています。

リチウムイオンバッテリーをスーツケースにいれたままにしたことによる飛行機火災が起こるなど、リチウムイオンバッテリーをスーツケースに入れさせない監視の目は強固になっていて、海外の方がその傾向が強くなってきています。

具体的にはスーツケースに入れたままにすると、スーツケースを開けさせられて廃棄をさせられることもあります。

モバイルバッテリーを飛行機に持ち込むには、各航空会社で定められた容量のものを定められた数量の範囲内で手荷物として持ち込むことが重要になってきます。

具体的にはおおよそ2個以内、20000mAh程度のバッテリーを持ち込むというのが一般的には可能な範囲になります。

容量で機内に持ち込めるかどうかが決まってくる

機内に持ち込めるモバイルバッテリーはWhという単位でその容量が制限されています。

Whというのは以下の公式で算出できます。

Wh=mAh÷1000×3.7(電圧)

国内線の場合は100Wh以下ならばおおむね持ち込み可能なので、20000mAhぐらいのモバイルバッテリーならば持ち込むことが可能であると言えます。

ただし航空会社によりその基準は違い、国外線はまた基準が違うので要確認です。

機内に持ち込めるモバイルバッテリー

機内に手荷物としてモバイルバッテリーを持ち込むには、

  • 自分でWhの容量を計算して適合したものを持ち込む
  • Whが表記されたモバイルバッテリーを選ぶ

という事が必要となり、この数値根拠がないと持ち込みが不可能な場合があります。

ANKERのモバイルバッテリーなど、PowerHouse 以外はおおむね持ち込み可能に設計されているのでそちらを選ぶのも一つの方法であると言えます。

まとめ

モバイルバッテリーは飛行機に持ち込むためには、手荷物として持ち込む事になる。

手荷物で持ち込むモバイルバッテリーにはWhの単位で制限がある。

モバイルバッテリーの選び方についての記事です。

モバイルバッテリーの選び方のポイント5つ

モバイルバッテリー関連の記事のまとめです

モバイルバッテリーのオススメと関連情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です