伝え方が9割をクリエイター視点で読んだ感想

佐々木圭一さんのベストセラー著書「伝え方が9割」

それはクリエイターにも参考になるテクニックがたくさんつまった本でした!

発信する=伝えるということ、つまりクリエイターは常に何かを伝えているのです

その伝え方に着目し、その方法を精査していくことはとても有意義であると言えます

また本書はその他にも、家族や友人や職場のコミュニケーションでもその威力を発揮してくれること間違いなしです

とても読みやすく、スッと内容が入ってきたのでその傾向から良書であると確信しています

「また漫画で読む〜」の方もその内容が秀逸でとてもオススメできるものでした

「伝え方が9割」で書かれていること

この著書では強い言葉は意図的に作れるというコンセプトを持ち主に5つの方法でそれを実践しています

①サプライズ法

②ギャップを作る

③赤裸々法

④リピート法

⑤クライマックス法

に分類されそれぞれの利点をどのように活かして感動的な言葉を作るかの方法が記されています

「伝え方が9割」で印象に残った言葉


この著書で明日からもできそうな印象的なトピックスは

✅相手のメリットと一致するお願いを作る

頼みごとを一方的にするのではなく、相手の立場になって相手の気持ちを考え「お願い」を相手とこちらの両方のメリットになるように変える

✅お願いなどに選択の自由を作る

頼みごとに選択肢を与えることによって、人の「選びたい」という欲求を満たす

✅強い言葉は高低差がある

印象に残る言葉には逆説的な冠詞などがついていて、そのギャップが大きいほど印象に残る

漫画版も内容が秀逸で是非読むべき内容

この著書のまんがで書かれた本がとても良い内容でした

このようなまんが解説本は著書の内容をセリフに落とし込んだだけで会話形式に終始することも多いのですが

こちらでは夢を持ち編集者となった主人公がオネエのメンターに導かれながら成長して、なりたい自分の姿を見つける感動ストーリーとなっています

著書の内容が実践的に使われていて、ある意味著書の内容がより視覚化されているというとらえ方もできます

そして所々で目頭が熱くなるような感動を共感できて、著書を読む導入にもその復習にも最適な本となっています

特にクリエイターなど何かを生み出す仕事をしている人には共感が多い内容となっています

自分の中では今までのまんが解説本でもトップクラスに優良な本と言えます!!!

MEMO
マンガ解説本としてはとても秀逸でこの本の内容が深く実践的に学べます
created by Rinker
¥1,296 (2019/07/19 02:10:07時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

クリエイターが発信をする時にその方法についてとても参考になる

日常生活のコミュニケーションにも応用できる要素が詰まっている

マンガ解説本も内容がよく特にオススメできるし、著書の振り返りでマンガを読むのも良い

created by Rinker
¥1,500 (2019/07/19 02:10:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,296 (2019/07/19 02:10:08時点 Amazon調べ-詳細)

amazon audibleで通勤や通学の間に本を音声で聞くのも1つの手段です

書評についてのまとめ記事です

クリエイターが仕事に役立てられる本を紹介【書評】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です