賃貸住宅の床の傷防止の対策にクッションフロアがおすすめ!!

賃貸住宅の床を傷つけないために気を使うのって大変ですよね

ましては子育て世帯ともなれば床を傷つけずに日常を送るなんて不可能に近いです

そんな時にオススメなのが「クッションフロア」です

都内で6回も引越しをした自分としては「賃貸住宅で快適に過ごすため」の最適法だと考えています

賃貸住宅の床の傷の防止になる

クッションフロアですが、ロール状になっている製品をお部屋の大きさに合わせて切り取り

専用の両面テープを貼るだけで簡単に設置できるスグレモノです

一度貼ってしまえば、クッションフロア越しに床が傷つくことはなかなかありません

よほど重いものを落としたり、鋭利なものを落としたり、天変地異がなければまず元のフローリング

が傷つくこともなく、退去時にも原状回復がとっても簡単です

オシャレな床にあっという間に大変身

クッションフロアの利点がとにかく簡単にお部屋がオシャレに見えることです

お好みのテイストのクッションフロアをセレクトして床にひくだけで

あっという間にカフェ風や、こだわりのデザイナーズ物件のような雰囲気に変わります

また、白や明るいグレーなどのものを選べば、

お部屋が一気に明るい感じに様変わりします、床が変わるとその変化は予想以上で

いつもの何気ない家具もぐっとオシャレに見えてしまうので不思議です

子供がいても安心、床に気を使わず子供を遊ばせることができます

子供の行動は予測不能!!大人がやらないことも平気でやってしまいます

そんな子供がいてもクッションフロアをひいておけば一安心です

うちの子供も一歳からお気に入りの消防車に乗りまくっていますが

クッションフロアを全ての部屋に敷いてある為、それを咎める必要がないくらいです

もしこれが通常のフローリングのままだったら・・・

とても遊ばせる気になりませんね~。一切消防車禁止にしてしまいそうです

設置が簡単、原状回復も簡単

肝心の設置方法ですがこれがまた簡単にできてしまいます

基本は剥がせる両面テープを貼るだけ

その貼り方も、綺麗に貼るもよし!アバウトに貼ってもなんとか形になっちゃいます

壁紙などを自分で貼ろうとすると、大変だし失敗した時にリカバリーが難しいです

しかし、クッションフロアは失敗の心配はほぼないし、万が一切り方を間違えて下の床が見えても

動かさない家具で隠す(ソファーやダイニングテーブルなど)とか、ツギハギする

という荒業が全然通用してしまいます

しかも、大抵そのあたりは気にならないですし、ありと思えてきます

そして、原状回復も簡単です!!

自分も最近張替えのために剥がしてみましたが、簡単にとれて両面テープも綺麗にはがれました

もちろん目立った傷もまったくありませんでした

コスパもなかなかよい

「機能性と見た目の両方があるモノである」というだけでコスパは高いと言えますが

通常6畳あたりで2万円くらいからと、決して高いものではありません

また、うまく使えば再利用もできてしまうため

ワンルーム⇒1LDK⇒2LDK⇒3LDKとうまく持ち越して再利用も可能ではないでしょうか

 

まとめ

お部屋が手軽にかっこよく変身し、かつ床が傷つかなくなる

賃貸住宅の床の傷防止に最適な方法といえるでしょう

クッションフロアはおすすめのインテリアです!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です