iPhone Xの音質をおすすめヘッドフォンで検証

音楽

iPhone Xの音質が大幅に良くなっている!!と感じています

スピーカーシステムがステレオになったiPhone Xはとにかく音楽を聴くのにも最高

いろいろなアプローチでiPhone Xの音質に迫っていきたいと思います

とにかく音楽がよく聞こえる

iTunesなどのアプリで聞く音楽がとにかく良く聞こえます

以前はiPhone 6s plusを使用していましたが、大きく聞こえ方が違います

かなりの音の解像度が上がり、ステレオ感がとても立体的でクリアな音質です

低音の輪郭もハッキリしている感じで、低音重視の音楽が気持ちよく聞ける感じです

イヤフォンコネクタが刷新されている

イヤフォンジャックですが、従来のタイプではなく、ライトニングケーブルのイヤフォンか

付属の、ライトニングケーブルから通常の端子への変換プラグを使う形となっています

音楽が好きでヘッドフォンやイヤフォンにこだわりをもつ方にはこのシステムはやや不利でしょうか

ライトニング出力の検証

まずはapple純正のライトニングのイヤフォンで音楽を聴くととにかくクリアな音

リッチなサウンド、強調されながらも気持ちの良い低音が体感できます

これを変換プラグとiPhone 6s plusについていた純正イヤフォンに変えると

やや音の解像度が下がり、シャリっとデジタル感が強くなる感じがします

例えると純正イヤフォンはレコードを良いアンプで良いオーディオシステムで聞いた感じ

変換プラグ使用時はCDなどをコンポで聞いたような感じというような違いです

音楽アプリでの違い

そこまでの違いはないのかもしれません

iTunesのアプリとmusic.jpの音楽アプリで同じ曲をダウンロードして聞いてみましたが

イコライジングの設定の違いくらいと思えるくらいの差異でした

ヘッドフォンで検証

今回はフラットに聴くためにAKG K240 STUDIOで

見た目オシャレに音楽を聴く方のためにBeats のヘッドフォンで

クラブでDJをする方のためにaudio-technica ATH-PRO5で聞いてみました

created by Rinker
オーディオテクニカ(audio-technica)
¥8,392 (2018/11/15 07:17:27時点 Amazon調べ-詳細)

AKG K240 STUDIOで聴くと高性能のプロ仕様のオーディオインターフェイスで聞くような

iPhone Xの底力を見せ付けられるような感覚を得られました

Beatsで聴くとここまでキャラのあるヘッドフォンでも周波数の広がり音のクリアな感じがわかる感じでした

audio-technica ATH-PRO5で聴くとドンシャリでやや分かりにくいものの

音のクリア感や低音の気持ちよさは十分に分かる感じでした

 

まとめ

iPhone Xの音質は格段にアップしています!!

手軽にポートレイト風の写真を撮りたくてiPhone Xを買いましたが

携帯音楽プレイヤーとしても今後大きく活躍してくれそうな予感です!!

コメント