RME babyface proの使い方と使った感想

DTM

プロクオリティかつ個人ユース向けのオーディオインターフェイス筆頭であるRME babyface pro

使ってみた感想はズバリ使い易くてとても高音質だったので紹介していきます

10万前後のオーディオインターフェイなのにプロのプロデューサーでも多数愛用者がいるRME babyface pro

それも納得の高音質とモバイル環境との相性の良さでした

今回はDTMだけでなく、自宅音響設備をグレードアップしたい方や

DTMでワンランク上のオーディオインターフェイスを検討している方に分かりやすい説明をしていきたいと思います

RME babyface proを開封と持ち運び用ケースを確認

RME babyface proはこの様なパッケージとなっています

開けてみるとこの様なプラスチックの箱に入っていて、持ち運びもこのまま出来そうな感じです

開けてみるとこの様に中でしっかり固定され、付属のMIDIケーブルとUSBケーブルもケースに収納できるようになっています

このケースの仕様だけでも、高品質のオーディオインターフェイスをPCと共に持ち運ぶニーズにかなり適しているといえます

自分がRME babyface proを選んだ理由の一つがこの持ち運びとの親和性の良さがあげられます

小さくてデザインも素晴らしいRME babyface pro

RME babyface proの素晴らしさはそのデザインの良さと小ささにもあります

tofubeats/RIVERのPVにも登場していますが、オシャレなPVにも違和感なく溶け込んでいますね(2:35くらいから)

大きさもMacBook proと並べてみてもそのコンパクトさが際立ちます

話題のコンパクトスピーカーIk Multimedia iLoud Micro Monitor辺りと組み合わせると、高品位でスタイリッシュなモバイルDTM環境が構築できそうです

created by Rinker
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)
¥33,192 (2018/11/15 23:32:47時点 Amazon調べ-詳細)

出音は勿論信頼のRME品質のbabyface pro

自分は以前はずっとRME firefaceユーザーで、USB接続に疑問を抱いていたのですが、firewire機器とほとんど遜色ないクオリティです

RME babyface  proはUSB2.0接続のため汎用性がとても高く、いまやどんどん使用が難しくなっていくPCI-eなどと比べても安定性も音質も問題なしでした

今回はヘッドフォンはAKG k240でモニタースピーカー はGENELEC8020で出音を確認しましたが、MIXや簡易マスタリングも問題なさそうな音の解像度でした

created by Rinker
GENELEC
¥84,240 (2018/11/15 23:32:48時点 Amazon調べ-詳細)

使い方も直感的にできるRME babyface pro

高品質オーディオインターフェイスとしてはとてもシンプルな仕様で、4in4outのアナログ出力と必要最低限な設計となっています

その為直感的に使用できて煩わしい説明書とのにらめっこや、プラグインのミキシングコンソールの設定もあまり必要ありません

モニターのレベル設定や入力のゲインなどすぐに感覚的に使うことが可能です

この仕様は入門的レベルのオーディオインターフェイスからグレードアップして来た場合や、自宅の音響設備の音質向上などが目的のユーザーにも優しい設計となっています

使い易くて持ち運びやすい、コンパクトでスタイリッシュと色々な使い方が想定できるのもRME babyface proの特徴と言えます

まとめ

RME babyface  proはプロユースに耐えられる10万前後のコスパに優れたオーディオインターフェイス

持ち運びやモバイル環境の構築に最適な小ささとスタイリッシュさ

5年10年使えそうな仕様用途の広さと汎用性の高さがある

created by Rinker
RME
¥99,800 (2018/11/15 23:32:48時点 Amazon調べ-詳細)

(RME babyface  proを選ぶまでの過程も書いています)↓

DTMで宅録プロ音質を目指すならRME Babyface Proがオススメな理由
DTM好きらしく長らくFirewireの機材を多用してきましたがWindows10ではどうやらRMEのカード式オーディオインターフェイスは認識できないらしく久々に新規でオーディオインターフェイスを購入しようと考えました候補に上がったのがRM

コメント