DTMでケーブルを高音質の物に変える効果と必要性【DTMおすすめケーブル】

DTMにおいてマイクや実機のシンセサイザーなどと接続する時ケーブルを使用しますが、そのケーブルは価格などで様々な種類の物があります。

DTMで高品質のケーブルを使用する事で、音質は向上しヴォーカルの録音などには絶大な効果を発揮します。

またUSBケーブルなども高品質の物に変える事で音質の変化が現れます。

DTMでケーブルを変える効果と、必要な場合について考察したいと思います。

DTMに関するその他の記事はこちらです。

DTMで作曲するのに必要なものは?初心者でも分かりやすい説明【DTMまとめ】

DTMでケーブルを変えるという事の意味

天むす

ケーブルを変えると言ってもなんだかよく分からないですよね〜

DTMでのケーブルの役割と言ってもピンとこない人も多いかと思います。

DTMではPCの中で作業完結する事も不可能ではありませんが、基本オーデイオインターフェイスなどの外部機器を使用しながら作業します。

オーディオインターフェイスとPC、オーディオインターフェイスとスピーカーやヘッドフォンなど、何かしらのケーブルで繋がっています。

オーディオインターフェイスとPCならばUSBケーブルなど、オーディオインターフェイスとスピーカーならばスピーカーケーブルで繋がっているような感じです。

そのケーブルを高品質のものや、価格の高いものを効果的に使うと、音質の向上が期待でき自身の作品の質の向上にも繋がります。

DTM用のケーブルは価格や品質で音質に差がつく

DTMに関わらずオーディオケーブルは実にピンからきりまでの商品があり、数百円で買えるものから数万円するものまで様々なものがあります。

当然ながら価格の高いものは高音質で、DTMで作った曲の完成度にも影響してくる事も多いです。

自身ではオヤイデのケーブルが高音質かつ好きな質感なのでよく利用しています。

created by Rinker
オヤイデ
¥9,240 (2019/12/15 13:02:52時点 Amazon調べ-詳細)

高価なケーブルを使用する事で、ヴォーカルや生楽器の録音がクリアにできたり、モニターが聞き取りやすくミックスやマスタリングに好影響をもたらしてくれるなどの利点もあります。

具体的には音の輪郭がはっきりして、キレのある音が録音できるような感じになります。

DTMでケーブルを変えるべきシュチュエーション

音質向上が期待できるケーブルの交換ですが、やみくもに行ったり全てのケーブルを交換する事はコスト的に現実的ではありません。

効果的な変更で最大限の効果を発揮するのが望ましいので、そのシュチュエーションを考えてみます。

ヴォーカルを自宅で録音する時

現在、宅録で配信音源を完成させる方も多い事かと思います。

そんな時、オーディオインターフェイスやマイク、マイクプリアンプと並んでマイク用のケーブルを高品質のものにするなどはおすすめです。

ヴォーカルと生楽器の録音にはコストをかければかける程音質が向上する傾向にあります。

こだわりの外部機器を使用する時

Roland TR-808などのヴィンテージ的な名機を使用する時など、こだわりの外部機器や、高価なギターや実機のシンセをつなぐ時も良いケーブルを使いたいものです。

古めの楽器などを現代の楽曲に効果的に利用するためにも、高音質でPCに取り込む事は効果的です。

自身ではAKAI MPC3000を使うときオヤイデのケーブルやモンスターケーブルなどを使用し、オヤイデの電源タップで電気を供給しています。

created by Rinker
オヤイデ
¥28,210 (2019/12/15 04:13:30時点 Amazon調べ-詳細)

自宅でミックスやマスタリングする時

自宅でミックスすやマスタリングする時にも、スピーカーケーブルは高品質のものにこだわりたいものです。

スピーカーの音質やエイジングを適正に行うことも前提として、そこに接続するスピーカーケーブルが高品質であることで正しく曲の全体像を把握できます。

この他にもケーブル変更可能なヘッドフォンのケーブルを変えるなども効果ありです!!

自身のヘッドフォンカスタムについてもこちらの記事に書いています。

DTMにオススメなヘッドフォンAKG K240Studioをレビュー

DTMでケーブルを変えられる箇所

PCとオーデイオインターフェイス

最終的に音の出入り口となる重要な箇所のケーブルです。

USBなどのケーブルが多く、SeratoなどでPCでDJをする時などにも効果のあるケーブルです。

モンスターケーブルのUSBケーブルなどはよく売っているのを見かけてかつ評価も高いです。

オーデイオインターフェイスとマイク

ヴォーカルを自宅で録音したい方にはまさに必須の箇所と言えます。

やはりヴォーカルはいつの時代も楽曲のキモで、いい音質で録ることは永遠のテーマでもあります。

その時にケーブルを変えることはまさに最優先事項といても過言ではありません。

オーデイオインターフェイスと外部アウトボードや楽器類

ここも重要な箇所で、やや玄人や中、上級者向けですがプロユーススタジオでは必ずなんらかの施策が施されている箇所でもあります。

商利用されているスタジオなどでは計画的に何十メートルという単位でケーブルを変えていることも多い、まさにプロ音質の一線を超えるための箇所とも言えます。

特に効果なアウトボードやヴィンテージ的な楽器には間違いなく高品質のケーブルがあった方が良いと言えます。

まとめ

高品質のケーブルを導入することは、DTMにおいても確実に効果を発揮してくれます。

しかしながら、1mで5千円〜1万円もするようなケーブルをDTM初心者が最初から買い揃える必要はないとも言えます。

DTMで投資する部分はプラグインであったり、多岐に渡るのでケーブルは必要な時に揃えていけば良いものでもあります。

とにかく費用対効果を考え、しかるべきタイミングでしかるべき箇所に高品質のケーブルを導入してもらえると本望です。

オーディオマニアの方々などはケーブルにこだわるのは当たり前で、渾身のシステムをくむ時はケーブルは必ずとも言っていいほどセットで考えられるものです。

そんなケーブルや電源タップなどのいわゆる「オーディオの沼」的な要素は程よく取り入れ、今日も快適なDTMライフをおくっていくのがDTMerのあるべき姿と思っています。

DTMまとめ記事はこちらです。

DTMで作曲するのに必要なものは?初心者でも分かりやすい説明【DTMまとめ】

ケーブル類ももちろん買えるお勧め楽器店はこちらです。

DTMでオススメの楽器屋さん5選
created by Rinker
オヤイデ
¥4,030 (2019/12/14 21:31:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
オヤイデ
¥21,830 (2019/12/15 13:02:52時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です