椎名林檎トリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」の感想とレビュー

椎名林檎トリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」がすごい!!

豪華な参加アーティストが本気のトリビュートアルバムを作り上げ

多くの方が青春時代にも聞いたあの曲を楽しめる内容になっています

theウラシマ`S「正しい街」


個人的にはアルバムでも、もっとも好きなカヴァーでした

スピッツの草野マサムネさんをヴォーカルに添え

ギターがASIAN KUNG-FU GENERATIONの喜多健介さん

ベースが雨のパレードの是永亮祐さん

ドラムがMr.Childrenの鈴木英哉さん

プロデューサーが亀田誠治さんと最強布陣の最強カヴァーです

原曲を忠実にストレートなカヴァーで

草野マサムネさんの甘い歌声がとても聞いていて気持ちいい感じです

宇多田ヒカル&小袋成彬「丸の内サディスティック」


宇多田ヒカルさんとまさかの小袋成彬さんの歌唱による超絶カヴァーです

まさに才能と才能のぶつかり合いがものすごい次元にまで達しています

原曲の丸の内サディスティックはブラックミュージックルーツのようなコード感で

割とストレートにエモーショナルな感じでしたが

ここではジャジーで、ものすごい凝ったコード感で演奏されています

レキシ「幸福論」


文字情報だけの時にはどんな感じなのか全く想像つきませんでしたが

いい!!ナイスカヴァーと言えます

原曲の持つポジティブながら危うさを含んだ感じを

ダンスミュージックアレンジでポジティブ前面に押し出し

サビのホーンなどのアレンジが全く別の曲を思わせるナイスカヴァーです

ジャンルの壁などを超えて、まさにトリビュートというにふさわしいこうカヴァーと言えます

藤原さくら「茜さす帰路照らされど・・・」


これもアレンジが素晴らしくいいカヴァーでした

原曲のような歌い方に寄り添いながらも

アブストラクトっぽい入り方からスーパローのベースがなっていたり

藤原さくらさんの歌唱と、富田恵一さんのプロデュースワークががっちりハマった快作です

木村カエラ「ここでキスして」


イメージ通りで聞く人の期待に応えたいいカヴァーと言えます

木村カエラさんが元気いっぱいに歌うことで

曲がさらに甘酸っぱく聞こえるような効果を生んでいます

全体的にアーティスト、アレンジャーの本気度が多く

凝ったアレンジメントが多い中で多くのリスナーや往年のファンが

素直に聞きやすく共感しやすいカヴァーであると言えます

まとめ

アルバムコンセプトである「世代を越える」「ジャンルを越える」「国境を越える」「関係を越える」とても聞き応えのあるアルバムです

created by Rinker
¥2,540 (2018/12/19 11:25:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です