ブラックミュージック好きにも聞いて欲しいJ-POP5選

音楽産業の変化で、J-POPも昔よりも独自性が支持される傾向にあります。

そんな中で高い音楽性とその独自性で支持されるアーティストの曲で「ブラックミュージック好きにも聞いて欲しい」こだわりのある大ヒット曲を紹介します。

ギター演奏の良さ、ドラムの音色、様々なギミック、そこに乗る歌の工夫など様々な視点からオススメできる曲を集めてみました。

「日本の曲なんて久しく聞いてない」なんて方にも是非聞いて欲しい自信をもってオススメできる5曲です

その他の音楽レビューはこちらの記事で書いています!!

音楽レビュー【ブログでオススメの曲やアルバムを紹介】

サカナクション「忘れられないの」

クラブミュージック寄りな曲が素晴らしいサカナクションの80年代を意識したこの曲は、「懐かしくも新しい」という今の時代の空気を表したような良曲です。

イントロのミュートギターからすでに雰囲気満点!そこにのってくるTR–808ライクなクラップがブラックミュージックを感じさせてくれます。

そしてサビ前のフィルインがとにかくカッコイイ!!サンプラーで再生させたようなフィルインが、サビ前の気持ちを高めてくれます。

80年代オマージュのようなPVもよく作りこまれていて、サカナクションの音楽や映像へのこだわりを感じられます。

8CMのCDシングルがあるというこだわりも、本当に音楽を好きなアーティストらしい戦略と言えます。

created by Rinker
¥1,296 (2019/09/23 03:08:58時点 Amazon調べ-詳細)

サカナクション「忘れられないの」が入ったアルバムのレビュー記事です。

サカナクション「834.194」を聞いてみたレビュー

Apple Musicでも聞くことが可能です。

King Gnu 「白日」

ツインヴォーカルが印象的なキングヌーのドラマタイアップにもなった大ヒット曲も、ブラックミュージック好きぜひ聞いて欲しい曲です

まずドラムの音色がサンプラーも使われていて、打ち込みっぽい音のスネアがブラックミュージックファンも唸らすカッコイイドラムの質感を演出しています。

イントロの周波数を絞ったエフェクト感があるドラムの部分などは、期待感を最高に高めてくれる演出です。

所々のスクラッチのような効果音や、オルガンの揺れ方などが楽曲の気持ちよさを引き立ててくれています。

楽曲の完成度も高く、こだわりも多い曲が大ヒットするとまだまだ日本のPOPSも侮れないと思わせてくれるような2019年の象徴的な曲です。

Apple Musicでも聞くことが可能です。

星野源「Pop Virus」

ディアンジェロのオマージュアルバムを製作したりと、ブラックミュージックに精通している星野源史上で最高に黒くてカッコイイ曲です。

ドラムがSTUTS氏のMPCというところからして期待を掻き立ててくれますが、その期待通りのFUTURE BASS的な要素なども取り入れたハイブリッドな良曲です。

ギターの演奏、ハイハットの刻み方、花瓶の割れる音などの効果音、エレピの演奏などどこをとってもカッコいいです。

グルーヴィーでついつい体が動き出してしまう感じの曲で、PVのようにみんなで踊りだしてしまいそうです。

しかしそこに星野源の良い意味でPOPな歌が乗ることで万人に受ける曲となっています。

Apple Musicで聞けることになったのもファンには嬉しいところです。

Apple Musicでも聞くことが可能です。

米津玄師「lemon」

紅白でも披露された国民的大ヒット曲もまた、ブラックミュージックのエッセンスに満ちています。

まずはネット等でも話題になった「クエッ」という効果音!!これはまさにブラックミュージックなどでサンプラーから鳴らされるStabヒットなどに通じる要素があります。

これらが印象的に使われていることで、味わいのある曲となるのに1役かっていると言えます。

そしてR&Bで使われるような音色のドラムが、心地よい感覚をもたらせてくれます。

特にスネアの音色やドラムロールの入れ方に、ブラックミュージックの影響を感じさせてくれます。

またブリッジの聞いたことのあるようなフレーズのリフレインなども、ブラックミュージック的な要素を感じる所でもあります。

created by Rinker
¥250 (2019/09/23 03:08:58時点 Amazon調べ-詳細)

米津玄師のパプリカのことについて書いた記事はこちらです。

パプリカの米津玄師セルフカバーが音楽的に魅力な理由

Official髭男dism「Stand By You」

とにかく「グルーヴィー」という言葉がぴったりの、躍動感と哀愁が気持ちよく混ざり合った1曲です。

最初に聞いた時の感想がとにかくカッコイイ!!そしてハイハットの刻み方にノックアウトされたそんな曲です。

日本の曲には珍しいテンポを半分で解釈している曲であり、それゆえの気持ち良いグルーヴなのかと思える曲です。

また押韻を多用した歌詞がこの曲の気持ちよさをさらに押し上げていると感じます。

こんなセンスの良い曲があることに「音楽ファンで良かった」と思わせてくれるような良曲です!!

2番始まりの「な、な、な、名無しの感情」っていう部分が好きでそこのリズム感がこの曲のハイライトと個人的にはニヤッとしてしまします。

Apple Musicでも聞くことが可能です。

まとめ

日本のPOPSにも音楽ファンを唸らせるような曲が多数あります。

音楽愛がありセンスのあるアーティストの曲はやはり支持されると言えます。

とにかく全曲聞いてみて、明日を生きる活力にしていただけたら幸いです!!

音楽関連記事はこちらです。

音楽レビュー【ブログでオススメの曲やアルバムを紹介】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です